晴耕雨暇のハム雑記

つれづれなるままにアマチュア無線  DXQSOの備忘録

E51EWC S.COOK 80m


E51EWC   S.COOK Is
80mが未交信なのでチャンスを待っていたら やっと昨日QSOできた


超短縮・振り出しアンテナでは 信号が弱く確率60%だったが、
今日のログサーチで が付いていた。 やれやれ


QSO : 2018-12-16  3.5  CW ( Band New 64 )


3.5MHzは 去年11月25日に3m長の超短縮アンテナを作って 窓枠に
取り付けたもので、こんなのでDXは無理だと思ったが 何とか
64エンティティまでこぎつけた


昨日OQRSでカード請求したせいか 早々に LoTW にアップしてくれた

WPX Award

本家CQ マガジン社のWPXアワード (Worked Prefix Award)


12月16日現在 Mix 1057, Digital  910  
申請すればともに 600以上でオナーロールになる が
ARRLの手数料が 1QSO x 0.12US$ とかなり高額


EQSL cc からも同等のアワードが発行されていて こちらは
メンバーは無料!なんで 申請しました



ePFX300  Mix  Award  1028 ↑ 



ePFX300  FT8  Award  813

FT8 国内バンド

FT8の国内バンド(周波数)に出てみた
1ヶ月経過後の LoTWとe-QSLの回収率


40m(7.041MHz)
11月09-10日 QSO: 54局、LoTW: 12局、e-QSL: 33局


80m(3.531MHz) 
11月13-14日 QSO: 48局、LoTW: 12局、e-QSL: 31局


LoTWにアップの局はほとんどe-QSLでも発行された


国内ローバンド特有の変なフォネックスコードや5と9、
丁寧なお礼などないので すっきりQSOができた


国内バンドだけあって 多くがJCC,JCGなどのアワード用の
QSOが目的のようだ
紙カードは これまでビューローから70%前後届くが e-QSLの
普及で減るかも?

Online DXCC WAZ


11月30日にJARLへ郵送した Online申請用の DXCC フィールドチェックは
ARRLへオンライン申請した時の控えのチェックリストを送っていたので
12日7日に用紙が違うと電話があった


ARRLへオンライン申請した後の Application History → Vew Application 
にある Award Application にサインして Record Sheet と共に再送したら
今日14日にカードが戻ってきた


今回のカード分は Band New と Mode New だが Zone 2 が1枚あって
これがOKだと WAZ (Digital) が完成する


Digital WAZ は FT8を始めてから1年3ヶ月でWkd。
この時(10月)のDigital DXCCは 185であった  (現在 193)


eQSLでもWAZ同等のアワードがあって こちらも現在 39 だが  相手が
eQSLを使ってくれないと 完成できない 
eQSLのメンバーには無料発行の魅力があるが・・

TX0A OC-113

TX0A Maria Est Atoll TX0M Morane Atoll
Cezar (VE3LYC) and Adrian (KO8SCA) will operate as TX0A from Maria Est
 Atoll, OC-113


QSO : 2018-12-13  18  CW  ( IOTA New 860 )


TX0M OC-297 の後移動して今朝から出たようで 早々にQSOできました
大丈夫と思うが 終了後までサーチができないので もう1バンド保険
QSOしたい