晴耕雨暇のハム雑記

つれづれなるままにアマチュア無線  DXQSOの備忘録

FT8 DXペディションモード


6月4日 14MHzにS9ZZ がFT8のDXペディションモードで出てきた
早速このモードで呼んで リターンがあったものの RR73が来なかった


どこが悪かったか後で見るためにスクリーンコピー ↑ しておいた
左画面は後で戻して 左右と前後がわかるようにしたもの


1) 14.092.321Hzに出ているS9ZZを 14.093.295Hz (1295Hz) で呼ぶ
2) 382Hzで -24 の応答あり
3) 382Hzで R-12 を 送る
4) 322Hzで -24 を再受信
5) 322Hzで R-12 を 再送信
6) 262Hzで -24 を再々受信
7) 262Hzで R-12を 再々送信
8) RR73 が受信できなかった
9) 以後 R-12を数回送信したが RR73が来なかった
オートシーケンスで周波数も自動でリンクして2回移行しているが -24 では
無理だったかも? とあきらめた


昨日は18MHzに出てきたので 呼んだが 1回リターンがあった。
1)18.108.300HZに出ている S9ZZを 18.110.100HZ(2100Hz)で呼ぶ
2) 434Hzで -14 の応答あり
3) 434HZでR-15 を送る
4) 以後QRMで見れない


なんでかな~♪ なんでかなー なんでかなんでかな~
CATを使っていないのでそのせいかも? とローカル局に相談したら
S9ZZのログサーチで 14MHzがヒットしていると返事あり ↓


よかったー DXペディションモードは 初QSOとなった
一度できれば あとはいつでも出来るので これで安心! やれやれだ!


昨日の18MHzは DXペディションモードがわからないのか 半数ほどが
1000Hz以下で呼んだり、-00dbで呼んだりしていた。  当然応答なし