晴耕雨暇のハム雑記

つれづれなるままにアマチュア無線  DXQSOの備忘録

80m 超短縮V型アンテナ


3.5MHzは窓から出した全長3mの自作の超短縮振り出しアンテナ ↑ を使って
主にCW たまにFT8の使用であったが 超短縮のため帯域が狭いのを無理やり
アンテナカップラーで乗せていた。
こんなアンテナでも 3.5MHzのDXCCは約2年間で48エンティティできた



限界を感じて10月3日に屋上に片側3.5mの超短縮V型アンテナを上げてみた。
帯域はSWR1.5の範囲が±5KHz, 2.0の範囲が±10KHzと狭いので、中心周波数を
FT8の3.573MHzにセットした


約1ヶ月の使用期間で Band Newは VK9N, ZL7, YJ, VP6D の4つ増えた
VP6DはCWのQSOだったが SWR∞で送信できないので 受信のみ使って
送信は窓からの振り出しアンテナで何とかQSOできた
振り出しアンテナの受信はノイズがS8まで振っていて聞こえなかった。


V型アンテナ(RDE-80)は耐入力が 150W(SSB/CW), 75W(オールモード)
なので もう少し( 200W 連続)が欲しいところ


冬のシーズンはこのアンテナを使ってみて 夏は6mの4エレに戻す予定です